観光



ソウルの利点を活かした観光活用推進

地域別観光政策の方向性:4大リージョン(中国、日本、東南アジア、欧米)に分けた観光事業展開

1. 中国-重要管理市場、中国「旅遊法(2013.10.01)」の施行によりソウル観光業界に変化

  • ソウル市は指定レベル以上の条件を満たした優秀観光商品に対し、認証制度を適用、ソウルの観光商品購入変化に伴い、旅行コンテンツの質を向上させ、新しいスポットの開発や各種体験プログラムの観光商品化に努める方針。
  • 旅行会社が指定する強制的な買い物をなくし、観光商品の価格アップを図る。
  • 観光商品に対する満足度アップ
  • ソウル観光商品数の大幅な削減

2. 日本-2013年、ソウル市を訪れた外国人観光客の実態調査によると、70%以上がリピート客。個人観光客の場合、10回以上訪問している人も珍しくない。

  • ソウル市は個人観光客を主なターゲットとする「隠れた」旅行テーマを提供していく予定。
  • 伝統市場見学、音楽(ホンデ(弘大))鑑賞ツアー、ヒーリングツアーなどの旅行プランを提案。

3. 東南アジア-新しい成長可能性のある市場で、韓流やロマンチックなソウルをターゲットに観光事業を展開

  • シーズン別、ソウル市内体験コース(韓流ドラマロケ地)の紹介と文化体験

4. 欧米-観光業界における潜在的市場。旅行スポット「ソウル」、24時間遊べる「ソウル」の躍動的なイメージをアピール

  • ワールドカップストリート応援体験、ミュージックツアー、ナイター観光など様々なプランを提示

ストーリー性のある観光コンテンツの多様化

5大観光スポットをストーリー性のある観光資源に活用したマーケティングを推進しています。

  • 5大観光スポット : ①トンデムン(東大門)ストーリーテリング ② ハンガン(漢江)ストーリーテリング ③漢城百済王城通りストーリーテリング ④ 漢陽都城ストーリーテリング ⑤ セジョンデロとハングルガオンギルストーリーテリング
  • 5大観光スポットコース観光マップ、外国語ウォーキングガイドサービスの提供
  • 映画やドラマなどの創作素材に活用できるよう、作家を対象にした広報強化(ウェブジン発刊)

2014年からはストーリー性のある戦略的観光スポットを企画

  • ソウル世界旅行:ソウルにある世界各国の歴史、文化、生活史など、おもしろいテーマを発掘
  • ソウル村旅行: 自治体別村の逸話発掘、体験型観光資源の開発と運営サポート

ストーリーテリングコースを見る   観光情報の詳細を見る

観光警察

観光警察は2013年10月に組織された。観光客が多く訪れるミョンドン(明洞)やイテウォン(梨泰院)、トンデムン(東大門)、インサドン(仁寺洞)、ホンデ(弘益大学)、チョンゲチョン(清渓川)、ソウル市庁周辺などで、観光地での犯罪防止予防や違法行為の取り締まり、観光上の問題の処理、観光案内など様々な観光サービスを提供している。観光警察は、韓国を訪れる全ての観光客がゆっくりと楽しい旅行ができるよう、「観光立国」韓国の威信を守る役割を担っている。

관광경찰승강장안전문 스티커

 

主要業務

観光客の保護と観光地での犯罪防止 高い倍率の中から選抜された101人の観光警察が、ソウルの観光地7カ所を巡察し、観光客を保護すべく様々な犯罪防止活動を行う
違法行為の取り締まり ぼったくりやコールバンによる違法営業、ショッピング強要など様々な不当・違法行為の取り締まり
観光案内と通訳サービス 英語、日本語、中国語による観光案内と通訳サービスを提供
観光上の問題の処理 観光現場で発生する様々な問題を迅速に解決

 

• 連絡先:1330(観光案内電話コールセンター)