歩道の改善



도시개선_보도블럭(서울시국문)

総延長2,788kmのソウル市の歩道。この長さはキョンブ(京釜)高速道路を3回往復できる距離であり、ヨイド(汝矣島)の面積の約1.2倍に当たります。ソウル市民は、この歩道で一日平均70.3分を過ごしています。ソウル市は、このようにソウル市民が一日の始まりと終わりを過ごす歩道の上で、幸せを感じる権利があると考え、ソウルを幸せな歩行者の都市にするための「ソウル市の歩道ブロック10ヶ条 」を発表しました。

ソウル市の歩道ブロック10ヶ条

  • 歩道工事に実名制度を導入
  • 手抜き工事を行った場合、入札を制限するという「ワンストライク・アウト」制度を実施
  • 工事現場に臨時の歩行路や保安要員を配置
  • 歩道工事クロージング11(Closing11)
  • 歩道が破損した者が補修の費用を負担
  • 街のモニタリング団を運営
  • 破損・沈下の歩道をスマートフォンで通報・改善
  • 歩道上の違法駐停車、置物、オートバイの走行などを徹底して取り締まる
  • 納品物量の3%をストックしておく「歩道のブロック銀行」を運営
  • ソウル市・自治区・関連機関の協議体を構成し、体系的に歩道を管理

歩道損害賠償センターを開設

「歩道ブロック10ヶ条 」が定着するまでは、市民参加の「街のモニタリング団」の活躍が大きな役割を果たしてきました。また、「ソウルスマートフォン苦情通報アプリ」を通じて不便を感じることについて簡単に通報できるようにするなど、安全で快適な歩道環境の造成に努めてきました。このような自信に基づいてソウル市は、破損した歩道のブロックが原因で発生した事故について、全額損害賠償することにし、昨年の6月、歩道ブロック損害賠償センターをオープンしました。